乳酸菌B240の粘膜免疫サポート及び抗感染効果のコンディショニングフードとしての応用

乳酸菌B240の粘膜免疫サポート及び抗感染効果のコンディショニングフードとしての応用

レコードナンバー932505論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名中川 恭
甲田 哲之
濱田 広一郎
菅谷 建作
斎藤 高雄
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ73巻・ 2号, p.55-60(2020-04)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (903KB) 
抄録「乳酸菌B240」は,タイ北部の発酵茶ミヤンから単離された植物由来の乳酸桿菌である。B240は小腸のパイエル板から取り込まれ,生菌と死菌ともに分泌型免疫グロブリンA(sIgA)の産生誘導活性を有する。基礎検討では,B240の経口投与により季節性及びパンデミックインフルエンザウイルス,肺炎球菌やサルモネラに対する感染防御効果を認めた。さらにヒトにおいてはB240の経口摂取により唾液中sIgAの分泌が促進され,また用量依存的に風邪罹患割合を抑制することを実証した。一方,我々は分岐鎖アミノ酸(BCAA)の摂取による運動後の疲労感,筋肉痛の軽減を認めており,またホエイプロテインを運動直後に摂取することで,骨格筋量や筋力を増加させる効果を確認している。従ってB240とホエイプロテイン及びBCAAを組み合わせた食品は,アスリートだけでなく感染リスクの高い高齢者や受験生,ビジネスパーソンなど,大切な時期に体調管理を心がけたい多くの生活者のコンディショニングフードとして貢献し得るものと期待される。
索引語摂取;コンディショニングフード;唾液中sIgA;効果;粘膜免疫サポート;抗感染効果;応用;分泌;タイ北部;単離
引用文献数29
登録日2020年11月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat