長期供用中の鋼製集水井における非破壊検査による機能診断

長期供用中の鋼製集水井における非破壊検査による機能診断

レコードナンバー932527論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名稲葉 一成
綿貫 榮
沖田 悟
細貝 知広
羽深 利昭
鈴木 哲也
島本 由麻
森井 俊広
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ84巻・ 1号, p.41-44(2016-01)ISSN18822770
全文表示
抄録新潟県糸魚川地域の地すべり防止施設,なかでも鋼製集水井においては,施工後30年以上経過したものが多く,鋼材の腐食による機能低下が懸念されている。鋼製集水井本体における機能診断手法(調査方法,健全度判断基準など)の確立を目的に,老朽化が懸念される集水井を対象に2011年から詳細調査を実施してきた。その結果,ビデオカメラ,鋼材板厚,メッキ塗膜厚,鋼材抽出,塩分飛来量の各調査は,鋼材の腐食状況を把握するうえで有効な点検手法であることがわかった。また,ビデオカメラで取得した画像は,加工・データ化することで,客観的な資料として目視調査結果の定量分析に用いることが可能であり,これにより診断精度の向上も期待できるものと考える。
索引語鋼製集水井;鋼材;懸念;ビデオカメラ;集水井;非破壊検査;機能診断;腐食;新潟県糸魚川地域;地すべり防止施設
引用文献数8
登録日2020年11月16日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat