ブドウにおける文字や図柄入り果実の生産方法

ブドウにおける文字や図柄入り果実の生産方法

レコードナンバー932591論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021103NACSIS書誌IDAN00334681
著者名桐原 崚
里吉 友貴
佐藤 博紀
宇土 幸伸
塩谷 諭史
書誌名山梨県果樹試験場研究報告
別誌名The bulletin of Yamanashi Fruit Tree Experiment Station
果試報告
発行元[出版者不明]
巻号,ページ17号, p.29-36(2020-03)ISSN03893588
全文表示
抄録1. ブドウをより広く手に取ってもらうきっかけとして,果粒にデザインを入れる方法を開発した。2. 6種類の遮光シールで検討し,製品Aが最も優れ、サイズは直径15mm以下が適した。3. 本手法は欧州系の赤色品種における適応性が高く,中でもアントシアニンのアシル化率が低い品種ほどデザインが明瞭になる。4. 遮光シールは果頂部に貼付すると果側部に貼付した場合と比較して商品率が高くなる。しかし果頂部であっても線の細い文字や図柄を用いることで商品率が高まる。
索引語文字;ブドウ;デザイン;遮光シール;果頂部;貼付;商品率;品種;果実;生産方法
引用文献数8
登録日2020年11月16日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat