浜田川の水質変動と降雨時の汚濁負荷の調査結果について

浜田川の水質変動と降雨時の汚濁負荷の調査結果について

レコードナンバー932634論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014218NACSIS書誌IDAA11152050
著者名石川 裕一郎
岩田 杉夫
森下 一行
牧野 稚佳
牧原 秀明
丸山 貴之
鈴木 全
書誌名愛知県環境調査センター所報 = Bulletin of Aichi Environmental Research Center
発行元愛知県環境調査センター
巻号,ページ47号, p.29-33(2020-03)ISSN21864624
全文表示PDFファイル (2131KB) 
抄録降雨時の汚濁負荷の実態を調査するため,豊橋市内の中小河川である浜田川で非降雨時及び降雨時の調査を行った。非降雨時では窒素成分及びリン成分はほとんどが溶存態であった。降雨時の調査では,各成分が時間経過により特徴的な変動を示すことがわかり,窒素成分及びリン成分では懸濁態が高く,SSとの相関がうかがえた。非降雨時と降雨時の汚濁負荷量の変化に省目すると,CODが最も大きく,次いでT-P,T-Nの順であった。
索引語窒素成分;リン成分;調査;汚濁負荷;浜田川;ほとんど;溶存態;各成分;時間経過;懸濁態
引用文献数9
登録日2020年11月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat