種々の無機態リンの施肥がソバの生育,収量およびリン吸収特性に及ぼす影響

種々の無機態リンの施肥がソバの生育,収量およびリン吸収特性に及ぼす影響

レコードナンバー932711論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名鬼頭 誠
山城 美代
道山 弘康
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ89巻・ 2号, p.87-97(2020-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1434KB) 
外部リンク
抄録本研究は,ソバのリン吸収特性を明らかにし,沖縄の国頭マージにおいてソバの子実収量が黒ボク土より低かった原因を探ることを目的とした。リン無施肥区において,赤玉土およびバーミキュライトで栽培したソバは,前報のリン無施肥の黒ボク土で栽培した場合と同様に植物体乾物重および子実重ともに著しく減少することが明らかになった。低リン環境では開花から収穫までの根の乾物重増加が大きくなるために収穫期の根の乾物重が高リン環境より重くなることが明らかになった。この根の生長の促進は生育後期の養分の吸収を促進するものと考えられた。また,子実のリン含有率は概ね2.5g/kg以上に保たれるように吸収されていることに対して,葉と茎ではリン含有率だけでなくリン含有量も開花期から収穫期にかけて減少し,葉と茎からは子実へリンが再移行していることが考えられた。以上の2つのソバのリン吸収の特性から,ソバの低リン抵抗性が獲得されていることが考えられた。Al型難溶性リン施肥では生育および収量の抑制が小さかったが,Fe型難溶性リン施肥では生育および収量が著しく抑制された。よって,ソバはAl型難溶性リンをある程度吸収できるが,Fe型難溶性リンの吸収は困難であるために,根系発達とリンの再移行性はあるものの国頭マージにおいて黒ボク土より収量が低かったことが示唆された。
索引語ソバ;リン;収量;生育;収穫期;吸収;根;施肥;黒ボク土;リン吸収特性
引用文献数18
登録日2020年12月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat