異なる施肥方法が非湛水水田圃場におけるサツマイモ「兼六」塊根の収量と品質に及ぼす影響

異なる施肥方法が非湛水水田圃場におけるサツマイモ「兼六」塊根の収量と品質に及ぼす影響

レコードナンバー932719論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名坂本 知昭
片山 礼子
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ89巻・ 2号, p.151-155(2020-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (848KB) 
外部リンク
抄録一般にサツマイモを過湿条件で栽培すると,地上部の生育は旺盛になるが塊根収量は減少することが知られている。石川県で育成されたサツマイモ品種「兼六」の生産拡大を図るため,埴壌土の非湛水水田圃場を利用した栽培の可能性を検討したところ,塊根収量と塊根品質は砂壌土畑圃場と同程度であった。基肥施用は塊根数を増加させたが平均塊根重を減少させ,塊根収量は無施肥と同程度になった。基肥を施用せず挿苗8週後に施肥を行うと塊根数は抑制されたが,個々の塊根重が増加して増収となり,無施肥で多発した条溝の発生も抑制できた。また施肥方法の違いは遊離糖含量およびβ-カロテン含量に対してほとんど影響しなかった。これらの結果から,永久転換畑化や圃場整備などの排水対策を講じていない非湛水水田圃場でも,挿苗後施肥を行うことにより砂壌土畑圃場と同様に蒸切干などの加工に適した「兼六」塊根を収穫することができ,田畑輪換に活用できると考えられた。
索引語塊根;砂壌土畑圃場;非湛水水田圃場;施肥;塊根収量;サツマイモ;施肥方法;影響;収量;栽培
引用文献数34
登録日2020年12月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat