栃木県における生態系配慮型工法の効果検証と手引きづくり

栃木県における生態系配慮型工法の効果検証と手引きづくり

レコードナンバー932754論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名柳澤 祥子
和氣 芳道
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ84巻・ 5号, p.403-406(2016-05)ISSN18822770
全文表示PDFファイル (2618KB) 
抄録栃木県では,これまでに整備した生態系に配慮した施設の効果検証を行うため,平成23年度に「生き物を育む農村空間形成事業」を創設し,5年間にわたってモニタリング調査や施設の機能評価を実施してきた。平成27年度にはそれまでの成果を踏まえ,栃木県独自の「農業農村整備事業における生態系配慮の手引き」を作成した。今後,農業農村整備事業や地域で行う身近な環境保全活動などにおいても手引きが活用され,より効果的な取組みが広がることによって,本県の豊かな農村環境を維持・保全していきたいと考えている。本報では,事業の取組み内容や施設の評価結果,手引きの内容などについて紹介する。
索引語施設;手引き;栃木県;効果検証;農業農村整備事業;事業;内容;生態系配慮型工法;手引;くり
引用文献数2
登録日2020年12月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat