動物由来薬剤耐性菌の実態解明とその対策

動物由来薬剤耐性菌の実態解明とその対策

レコードナンバー932809論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名臼井 優
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ8巻・ 4号, p.5-11(2020-04)ISSN21874948
全文表示
抄録ヒトおよび動物の細菌感染症などに使用される抗菌薬に対して抵抗性を示す細菌(薬剤耐性菌)の出現が問題となっている。また,動物からヒトへの薬剤耐性菌の伝播が懸念される。抗菌薬の使用と薬剤耐性菌の出現・拡散は明確な関連があり,公衆衛生上および動物に対する抗菌薬の有効性の確保のため,獣医師が抗菌薬を慎重使用することは重要である。そのための一助として,われわれは抗菌薬の慎重使用に関する獣医師向けのガイドブックを作成した。また,薬剤耐性菌は,環境を介して生態系で循環していることが示唆されており,われわれもOne Health approachによる耐性菌対策を推進するための研究を進めてきた。今後,薬剤耐性に関する課題に対して,より有効な対策が求められる。
索引語抗菌薬;薬剤耐性菌;動物;対策;使用;ヒト;出現;慎重使用;われわれ;動物由来薬剤耐性菌
引用文献数10
登録日2020年12月11日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat