山口県内の牛由来Mannheimia haemolyticaにおける薬剤感受性と血清型について

山口県内の牛由来Mannheimia haemolyticaにおける薬剤感受性と血清型について

レコードナンバー932850論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017300NACSIS書誌IDAN00243779
著者名佐野 裕規
書誌名山口獣医学雑誌
別誌名The Yamaguchi journal of veterinary medicine
発行元[出版者不明]
巻号,ページ46号, p.35-38(2019-12)ISSN03889335
全文表示PDFファイル (855KB) 
抄録山口県で2005年から2018年に分離されたMannheimia haemolytica(Mh)16株について,Mhウサギ免疫血清を用いた凝集反応による血清型別試験と一濃度ディスク法による薬剤感受性試験を実施した。調査したMh株のほとんどは肺炎や呼吸器症状を呈した牛由来のものであったが,1例は腹膜炎症例であった。血清型は1型が4株,2型が5株,6型が6株,11型が1株であった。腹膜炎由来の菌株は2型株であった。由来畜の大半が子牛であったが,肥育牛や成牛も散見された。薬剤感受性試験では,血清型1,2,11型で3種類以上の薬剤に対して耐性を示す株は確認されなかった。6型株では3/6株で3種類以上の薬剤耐性が確認された。このことから山口県で分離されたMhも全国の傾向と同様に6型株が多剤耐性を示す傾向があると確認された。
索引語確認;血清型;山口県;分離;薬剤感受性試験;6型株;傾向;1例;肥育牛;成牛
引用文献数9
登録日2020年12月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat