黒毛和種牛肉の熟成過程におけるグリコーゲンおよび単糖類含量の変化

黒毛和種牛肉の熟成過程におけるグリコーゲンおよび単糖類含量の変化

レコードナンバー932957論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名小松 智彦
小松 正尚
庄司 則章
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ91巻・ 2号, p.119-125(2020-05)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (1843KB) 
外部リンク
抄録牛肉中のグルコースなどの単糖類は,呈味成分であるとともに,加熱調理時に生成する香気成分の前駆物質である。本研究では,黒毛和種の横隔膜,僧帽筋,腰最長筋の熟成時のグリコーゲンおよび単糖類含量の変化を調査した。その結果,熟成に従い単糖類含量は増加することが示唆され,屠畜直後の温屠体の横隔膜および腰最長筋のグリコーゲン含量と,2,3日熟成後の単糖類増加量は有意な正の相関を示した。同様に,冷屠体の僧帽筋および腰最長筋のグリコーゲン含量と,14日熟成後の単糖類増加量は有意な正の相関を示した。以上のことから,温屠体または冷屠体のグリコーゲン含量が多い牛肉では,熟成過程で単糖類が多く生成し,風味の良い牛肉となる可能性が示唆され,今後のさらなる調査と検証により,これらの筋肉中グリコーゲン含量を黒毛和種の新たな肉質の評価指標として用いることができる可能性が示唆された。
索引語正の相関;グリコーゲン;グリコーゲン含量;腰最長筋;示唆;単糖類含量;熟成過程;変化;単糖類;牛肉
引用文献数30
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat