食品の嚥下しやすさ評価への嚥下音及び筋電図の応用性に関する検討

食品の嚥下しやすさ評価への嚥下音及び筋電図の応用性に関する検討

レコードナンバー932966論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名田中 充樹
津嘉山 泉
山本 登志子
中村 孝文
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ73巻・ 3号, p.93-101(2020-06)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (1523KB) 
抄録食品の嚥下しやすさ評価への嚥下音と筋電図の応用性を検討するために,嚥下のしやすさの異なる食品を嚥下した際の嚥下音信号と筋電図のパワーと発生時間を解析した。食品にはポタージュ,ヨーグルト,プリン,及びヨーグルトと同程度のとろみに調整したジュースと自然薯粉末溶液を用いた。健康な成人男性13名について,3gの試料を一度に嚥下した際の嚥下音信号を小型コンデンサーマイクで甲状軟骨部から,筋電図を右側顎二腹筋表面から記録した。テクスチャー解析で得た食品のかたさは嚥下しやすさが増すと増加した。嚥下音信号のパワーはかたさの対数と有意に逆相関したが(r=-0.435,P<0.01),発生時間は有意な相関を示さなかった(r=-0.151)。筋電図については,パワー及び発生時間のかたさの対数についての相関係数はそれぞれ0.261と0.176であり,有意な相関はみられなかった。かたさは嚥下しやすさに関係することから,嚥下音信号のパワーはゾル状食品の嚥下しやすさの評価に応用できる可能性の一端が示された。
索引語嚥下;食品;筋電図;発生時間;やすさ;パワー;嚥下音;やすさ評価;応用性;検討
引用文献数40
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat