農家減少による規模拡大時の安全な農業を支える基盤整備

農家減少による規模拡大時の安全な農業を支える基盤整備

レコードナンバー932994論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名北川 巌
村上 則幸
塚本 康貴
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ84巻・ 8号, p.677-680(2016-08)ISSN18822770
全文表示PDFファイル (2301KB) 
抄録農家数の減少による規模拡大に対しては,大型機械による省力的水稲作,投下労働時間の少ない子実トウモロコシを加えた新たな田畑輪換,さらには収益性の改善に向け露地野菜を導入するための水田インフラ整備の必要性について指摘した。また,安全な農作業を支えるには,(1)大型コンバインや収穫物を運送業者がトラック・トレーラにより安全に運搬できる幅広い作業道,(2)トラクタの転落・落下事故を防止する排水路の管路化,(3)漏水や草刈り面積を抑制して圃場管理を容易にする農区・圃区外周の畦畔への作業道の配置,(4)これら作業道の圃場側への農道ターン設置が必要と指摘した。
索引語作業道;指摘;規模拡大;大型機械;省力的水稲作;投下労働時間;子実トウモロコシ;田畑輪換;露地野菜;水田インフラ整備
引用文献数2
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat