農業分野へのマルチプラットフォームセンシングの適用

農業分野へのマルチプラットフォームセンシングの適用

レコードナンバー933004論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名鎌形 哲稔
前田 佳子
福島 あゆみ
小川 健太
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ84巻・ 9号, p.761-764(2016-09)ISSN18822770
全文表示PDFファイル (6568KB) 
抄録農業生産の省力化・効率化のために,衛星リモートセンシングの活用が検討されているものの,欲しいタイミングでデータが取得できない,データ購入費が高いなどの理由により,利活用が進んでいない。このような状況の中,本報では小型・超小型衛星による営農支援の可能性およびUAVの利用可能性について,生産者やJAの生の声を聞きながら,有識者の助言を受けて検討を行った。その結果,UAVについては,UAV公共測量マニュアルや地図情報レベル250で求められる精度を満たす測量が可能であることが示された。小型・超小型衛星による営農支援についても,生産者の認識と合致した作物の生育状況や穂水分率を,網羅的に把握できたことから,生産者からは積極的に活用したいという評価が得られた。
索引語生産者;小型;検討;超小型衛星;営農支援;中;UAV;JA;生;活用したい
引用文献数6
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat