ドローンを用いたデントコーン圃場における緑被率の高頻度モニタリングの試行

ドローンを用いたデントコーン圃場における緑被率の高頻度モニタリングの試行

レコードナンバー933007論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名吉村 暢彦
古川 フラビオ
渡辺 悠
宋 粮
大原 譽丈
小川 健太
義平 大樹
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ84巻・ 9号, p.773-776(2016-09)ISSN18822770
全文表示PDFファイル (4504KB) 
抄録農業従事者の減少やTPP環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意などをうけ,高付加価値化や大規模化などが進み,農業,農村を取り巻く環境は変化している。そのような中で,さまざまなセンサーによる生育情報の活用や,ロボットの活用など,スマート農業への流れは加速している。本研究では,圃場観測におけるドローンの活用を検討するために,圃場の高頻度モニタリングを試行した。結果,成長初期の作物の週ごとの生育を,緑被率で数%程度の増加として把握できること,植栽方法の違いによる生育の差異が把握できることがわかった。ドローンの性能が劇的に向上する中,農業者自身による観測も十分に可能であるが,撮影の事後処理の簡便化が課題と考えられた。
索引語緑被率;ドローン;中;活用;頻度モニタリング;試行;生育;把握;流れ;成長初期
引用文献数10
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat