静岡県内農耕地土壌の40年間における土壌化学性の実態と変化

静岡県内農耕地土壌の40年間における土壌化学性の実態と変化

レコードナンバー933068論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034662NACSIS書誌IDAA12330347
著者名若澤 秀幸
松浦 英之
山本 光宣
鈴木 海平
内山 道春
書誌名静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry
発行元静岡県農林技術研究所
巻号,ページ13号, p.7-19(2020-03)ISSN18828264
全文表示PDFファイル (2337KB) 
抄録1979年から40年にわたり調査した農耕地土壌の化学性の実態と変化を,改善基準値と比較しながら,その達成状況や養分の過剰・不足の実態を明らかにした。そして,土壌を健全に維持するための土壌管理方策を地目別に示した。(1)水田 実態: pHが改善基準値より低く,交換性石灰・苦土が不足していた。対策: 苦土石灰等の適切な改良資材でpHを矯正する。(2)普通畑 実態: pHは改善基準値より低いほ場の割合が60~90%で推移した。可給態リン酸と交換性カリは過剰で,交換性石灰と苦土,腐植は不足していた。対策: pHは苦土石灰等の適切な改良資材で矯正する。リン酸,カリが改善基準値を大きく超えて蓄積しているほ場では,リン酸,カリは無施用とするか,リン酸,カリが少ないL型肥料を使用する。腐植が不足していてリン酸,カリが蓄積しているほ場では,家畜ふん堆肥以外の堆肥を施用する。(3)施設 実態: 可給態リン酸,交換性塩基が過剰だが,腐植は不足していた。対策: リン酸,カリが改善基準値を大きく超えて蓄積しているほ場では,リン酸,カリは無施用とするか,リン酸,カリが少ないL型肥料を使用する。腐植が不足していてリン酸,カリが蓄積しているほ場では,家畜ふん堆肥以外の堆肥を施用する。(4)茶園 実態: pHは改善基準値より低く,交換性石灰,苦土は不足で,リン酸は過剰であった。対策: 苦土石灰等の適切な改良資材でpH矯正を行う。リン酸,カリが蓄積しているほ場では,リン酸,カリが少ないL型肥料や家畜ふん堆肥以外の堆把を施用する。(5)果樹園 実態: 交換性石灰,苦土は不足していたが,リン酸とカリは過剰であった。対策: 苦土石灰等の適切な改良資材でpH矯正を行う。リン酸,カリが蓄積しているほ場では,リン酸,カリが少ないL型肥料や家畜ふん堆肥以外の堆肥を施用する。
索引語リン酸;カリ;過剰;実態;不足;ほ場;改善基準値;蓄積;家畜ふん堆肥以外;対策
引用文献数17
登録日2020年12月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat