異った温度条件下におけるオオニジュウヤホシテントウEpilachna vigintioctomaculataとヤマトアザミテントウE.niponica雌成虫の増殖能力の比較

異った温度条件下におけるオオニジュウヤホシテントウEpilachna vigintioctomaculataとヤマトアザミテントウE.niponica雌成虫の増殖能力の比較

レコードナンバー462074論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名増沢 利和
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ27巻・ 2号, p.43-48(1990-12)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (344KB) 
抄録オオニジュウヤホシテントウ(Ev)とヤマトアザミテントウ(En)の成虫を,異なった3つの温度条件化(20,25,30℃)で1対飼育し,雌成虫の産卵数のちがい,産卵に好適な温度および生存期間への温度の影響を調べた。その結果,Evでは1雌当りの産卵数および卵塊数は25℃,20℃,30℃の順に多い傾向がみられたが,3温度区の間に有意な差はみられなかった。しかし,総産卵数は25℃で最も多い傾向があった。さらに,20℃で雌成虫の生存期間が最も長く,平均卵塊粒数も最も多かった。以上の結果から,増殖能力の指数として,平均生存日数,1雌当りの産下卵塊数および平均卵塊卵粒数を組み込んでみた。その結果,20℃および25℃がEvの産卵,生存に好適であり,30℃は高すぎると考えられた。Enでは1雌当りの産卵数と卵塊数,雌成虫の生存期間および総産卵数が25℃で最も多く,また,増殖能力の指数も最も大きかった。20℃がこれに次いだが,1雌当りの産卵数に有意な差がみられず,20℃,25℃ともにEnの産卵,生存に好適であろう。30℃では1雌当りの産卵数がきわめて少なく,増殖能力の指数も小さいことから,不適であると考えられる。これらの結果の両種間での比較から,両種の産卵能力(一生の間に産む総産卵数)に差があり,また,Evの産卵に好適な温度範囲はEnのそれより広いと考えられた。この産卵能力のちがいは両種の野外における密度のちがいに影響を及ぼしている原因の一つであると考えられる。
索引語温度;増殖;成虫;昆虫類;害虫;雌;産卵数;生存期間;総産卵数;産卵;増殖能力;Ev;好適;En;雌成虫;ちがい
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat