ポリグリセリン脂肪酸エステルがカキ‘愛宕'のエタノール脱渋中のタンニン分子の変化に及ぼす影響

ポリグリセリン脂肪酸エステルがカキ‘愛宕'のエタノール脱渋中のタンニン分子の変化に及ぼす影響

レコードナンバー522520論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015413NACSIS書誌IDAN00243054
著者名福嶋 忠昭
村山 秀樹
八尾 晃一
書誌名山形大學紀要. 農學
別誌名山形大学紀要. 農学
Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science
発行元山形大学
巻号,ページ11巻・ 4号, p.839-844(1993-01)ISSN05134676
全文表示PDFファイル (527KB) 
索引語薬剤;カキ;アルコール;界面;タンニン;味;収穫後生理
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat