ガ類相による香川県環境保全地域の環境評価

ガ類相による香川県環境保全地域の環境評価

レコードナンバー610436論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題バイナリーデータによる群集解析の試み
著者名中村 寛志
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ36巻・ 2号, p.65-73(2000-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (681KB) 
抄録香川県にある9つの環境保全地域において,燈火採集によるガ類の生息調査を行った。確認できた総種類は26科963種で,ヤガ科,シャクガ科およびメイガ科が多く全体の80%近くを占めていた。このガ類相の存在・不在データを使って,多変量解析(クラスター分析,数量化IV類)による環境保全地域のガ類群集の比較と分類を行った。比類似度行列として1-Cs指数と不一致係数を用いた。比類似度行列として1-Cs指数を用いたクラスター分析によると,種数が少なかった2つの地域とその他の地域とに分類された。また不一致係数を用いた場合は,種数の多かった地域がグループ分けされた。数量化IV類ではクラスター分析と同じように,1-Cs係数の比類似度行列では,種数の少なかった2つの地域が他の7地域のグループと離れた位置にプロットされ,不一致係数を用いると,種数の多かった地域がグループ分けされた。1-Cs指数と不一致係数の性質から,この結果の相違を考察した。
索引語地域;一致係数;クラスター分析;比類;度行列;Cs指数;グループ;ガ類相;環境保全地域;数量化IV類
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat