沖縄島におけるイタジイ優占の常緑広葉樹林の萌芽更新(1)

沖縄島におけるイタジイ優占の常緑広葉樹林の萌芽更新(1)

レコードナンバー621332論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015170NACSIS書誌IDAN00250548
論文副題根株の枯死と腐朽に関する研究
著者名新里 孝和
西端 統宏
呉 立潮
ほか3名
書誌名琉球大学農学部学術報告 = The science bulletin of the College of Agriculture, University of the Ryukyus
別誌名The science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
発行元琉球大学農学部
巻号,ページ47号, p.145-157(2000-12)ISSN03704246
全文表示PDFファイル (938KB) 
抄録与那演習林の天然生広葉樹林における皆伐5年後の天然更新の状況を調査した。調査根株は62種、1,893個体であった。全根株の20.2%は枯死し、萌芽枝が発生した根株のうち29.7%が健全、26.5%が部分腐朽、23.6%が枯死根株であった。根株の腐朽状態は樹種と胸高直径によって違いがみられた。枯死率は樹種、生活形による有意差が認められたが、斜面の位置と方位による差はなかった。枯死率と胸高直径の直径の関係は明らかでなかった。調査樹種のうち、2種は生存株が16種は枯死株がみられず、44種は生存株も枯死株もみられた。枯死率は37種が20.0%以下、16種が20.0%以上50.0%以下、9種が50.0%以上であった。沖縄島におけるイタジイの優占する常緑広葉樹林皆伐跡地の天然更新は主として萌芽によるものと考えられた。
索引語沖縄県;ブナ科;更新;枯死;優占種;広葉樹;萌芽;根株;腐食;常緑樹
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat