リンゴおよびニホンナシ果実の生長過程におけるフルクトース含量とフルクトース関連酵素活性の変動

リンゴおよびニホンナシ果実の生長過程におけるフルクトース含量とフルクトース関連酵素活性の変動

レコードナンバー621405論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名鈴木 陽子
小田中 佐保里
金山 喜則
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ70巻・ 1号, p.16-20(2001-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (463KB) 
抄録リンゴおよびニホンナシ果実でのフルクトース集積に関与する酵素を検討するため,フルクトース含量とフルクトース関連酵素活性の変動を新鮮重当たりで比較した.ニホンナシ果実において,開花後66から92日にかけてフルクトース含量は増加したが,NAD依存性ソルビトール脱水素酵素(SDH)活性は低下した.その間フルクトキナーゼ(FK)活性の顕著な低下がみられた.さらに開花後92から126日にかけてフルクトース含量が急激に上昇した際,SDH活性の上昇とともにFK活性の低下もみられた.リンゴ果実においては,生育期間を通してFK活性は低く推移した.以上のことより,SDHに加えてFK活性の低さがフルクトース集積に関与する可能性が示された.リンゴおよびニホンナシ果実において,フルクトース6リン酸ホスファターゼ(F6Pase)活性はFK活性に比べて顕著に低かったため,フルクトースレベルの決定要因としてはFKの方が重要であると考えられた.一方,ホスホグルコースイソメラーゼ(PGI)活性はFK活性に比べて同等か高かったため,PGIが律速段階とはならないと考えられた.従って,PGIはフルクトースレベルの決定要因ではないことが示唆された.
索引語リンゴ;ナシ;果実;糖;蓄積;酵素;活性
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat