各種の台木がウンシュウミカンの極早生系統‘山川早生’の生育および果実品質に及ぼす影響

各種の台木がウンシュウミカンの極早生系統‘山川早生’の生育および果実品質に及ぼす影響

レコードナンバー621416論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名野田 勝二
奥田 均
木原 武士
ほか2名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ70巻・ 1号, p.78-82(2001-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (350KB) 
抄録極早生ウンシュウ'山川早生'を7品種の台木に接ぎ,1994年(5年生)~1998(9年生)に生育および果実品質を調査した.樹の生育は,シイクヮシャー,ラングプァーライム,'シトロメロ'およびボルカメリアナが'ヒリュウ','ルビドー'およびカラタチに比べ優れていた.収量はカラタチ系台木で少なく,'シトロメロ'台が最も多かった.果汁の糖度はヒリュウ台が'シトロメロ'以外の強勢台木より高かった.酸度はシイクヮシャー台がボルカメリアナ台より高かった.カラタチ系は果実品質が優れていたが,樹勢が弱く収量も劣っていた.解体調査の結果,地上部,地下部および全体重は'シトロメロ',カラタチ,'ヒリュウ'の順に大きかった.樹勢の強い'シトロメロ'では樹勢の弱いヒリュウと比べ地上部への乾物の分配率が高く,T-R率も高かった.以上の結果から,'シトロメロ'はウンシュウミカンの極早生系統において,カラタチ台に変わる強勢台木として利用できることが分かった.
索引語ウンシュウミカン;早生;系統;生育;果実;品質;台木
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat