乳牛におけるイタリアンライグラスロールベールラップサイレージの自由採食量と飼料成分,第一胃内滞留時間,消化率,消化速度との関係

乳牛におけるイタリアンライグラスロールベールラップサイレージの自由採食量と飼料成分,第一胃内滞留時間,消化率,消化速度との関係

レコードナンバー621474論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名甘利 雅拡
梅田 剛利
上田 宏一郎
ほか3名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ46巻・ 3-4号, p.254-260(2000-12)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (721KB) 
抄録刈り取り時期の異なる4種のイタリアンライグラスロールベールラップサイレージ(IRGサイレージ)を調製し,これらを供試して乳牛による自由採食試験,in vitro消化試験を実施した。IRGサイレージの1日当たり乾物摂取量(DMI日量)および代謝体重当たり乾物摂取量(MDMI)と飼料成分含量,第一胃内滞留時間,in vitro消化試験による総繊維(OCW)の消化速度との関係からIRGサイレージにおける乾物摂取量に影響を及ぼす要因を解析した。 IRGサイレージのDMI日量およびMDMIは,それぞれ6.3~9.4kg/日,54.2~79.8g/kg0.75であった。DMI日量と飼料成分の関係では,酵素分析法によるOCW,低消化性繊維(Ob),細胞内容物(OCC)と高消化性繊維(Oa)を合算したもの,中性デタージェント繊維(NDF),酸性デタージェントリグニン(ADL)との間にr=0.99~1.00の高い相関が認められ,DMI日量はこれらの成分含量から求めることが可能となった。また,DMI日量と消化管内総滞留時間,第一胃内滞留時間,乾物消化率,OCW消化率との間にも高い相関が認められた。MDMIについても同様の結果であった。このことから,IRGサイレージのDMI日量およびMDMIは,飼料成分含量から推定が可能であり,DMIを支配する要因として,繊維成分含量,第一胃内滞留時間および消化率があり,これらの要因が大きく影響していることが明らかとなった。
索引語乳牛;イタリアンライグラス;サイレージ;飼料摂取量;消化試験
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat