メタノール-リン酸抽出による黒ボク土におけるクロルピリホスの測定

メタノール-リン酸抽出による黒ボク土におけるクロルピリホスの測定

レコードナンバー621490論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名本山 直樹
Rahman G.K.M.M.
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ25巻・ 4号, p.387-391(2000-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (457KB) 
外部リンク
抄録有機リン殺虫剤クロルピリホスの畑土条件下での残留性を千葉と松戸の黒ボク土を用いて土壌の滅菌処理,温度(15,25,35℃)や水分(20,30,40%)を変えて室内実験により研究した.土壌からメタノールで抽出後,85%リン酸処理によって残留するクロルピリホスを遊離させ,再びメタノールで抽出した.遊離したクロルピリホスは千葉土壌で最大18%,松戸土壌で10%検出されたが,長期間土壌中に残留した.土壌中の半減期は千葉土壌で28日,松戸土壌で14日であり,温度の上昇に伴って分解は速くなった.メタノールで抽出されない残留体は千葉>松戸であり,有機炭素含量と正の相関を示し,土壌有機物への吸着が示唆された.両土壌とも滅菌処理によって分解速度は遅くなったが,遊離するクロルピリホスは酸処理によってあまり差がなかった.
索引語殺虫剤;土壌汚染;黒ボク土;残留;化学分析;抽出;メタノール;リン酸;有機リン化合物
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat