各種暖地型牧草の草種・品種における硝酸態窒素含量とカリウム含量の関係

各種暖地型牧草の草種・品種における硝酸態窒素含量とカリウム含量の関係

レコードナンバー621542論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014585NACSIS書誌IDAN00015967
著者名深沢 芳隆
上山 泰史
津田 公男
書誌名茨城県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Experiment Station
発行元茨城県畜産試験場
巻号,ページ30号, p.25-33(2000-12)ISSN03853756
全文表示PDFファイル (1041KB) 
抄録スーダングラスおよびその他の主要な暖地型牧草の草種・品種において,硝酸塩中毒の原因物質である硝酸態窒素(NO3-N)含量と乳熱の原因物質であるカリウム(K)含量の相互関係,およびこれらとその他の特性との関連について検討した。 スーダングラス品種の1,2番草(試験1)および各種暖地型牧草の6月播種,7月播種(試験2)において,その全てでNO3-N含量とK含量の間に0.1%水準で有意な正の相関が認められ,これらにおけるNO3-N含量とK含量の回帰式は全ての組み合わせで相互に併合可能であった。また両試験とも乾物率とNO3-N,K含量の間に有意な負の相関があった。両試験ともにNO3-N含量と粗蛋白質含量との間の相関は有意でなかった。
索引語暖地型牧草;品種間差異;硝酸塩;窒素;カリウム
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat