Infrequent-Restriction-Site PCR(IRS-PCR)法による大腸菌O157分離株のDNAタイピング

Infrequent-Restriction-Site PCR(IRS-PCR)法による大腸菌O157分離株のDNAタイピング

レコードナンバー621543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015317NACSIS書誌IDAA11157349
著者名村瀬 敏之
大橋 美幸
山井 志朗
ほか1名
書誌名獣医疫学雑誌 = The journal of veterinary epidemiology
発行元獣医疫学会
巻号,ページ4巻・ 2号, p.59-66(2000-12)ISSN13432583
全文表示PDFファイル (773KB) 
抄録パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法は分離菌株のDNAタイピング(型別)に用いられ,志賀毒素産生性大腸菌O157におけるその有用性が認められている。しかし,PFGE法では型別できない菌株の存在が指摘されている。そこでこのような株を分類する方法として,細菌のDNAを比較的高頻度で切断する制限酵素と比較的低頻度で切断する制限酵素が認識する塩基配列で挟まれた領域をPCR法で増幅し(Infrequent-Restriction-Site PCR;IRS-PCR),そのDNA断片の多型性を泳動パターンで観察する方法を検討した。供試菌として食中毒患者,原因食品,関連施設などから分離された大腸菌O157の52株を用いた。制限酵素XbaI及びHhaIを用いて切断したDNAのIRS-PCRパターンにより12の型に,また,BlnI及びHhaIを用いて場合は14の型に分類された。このうちPFGEパターンにおいてそれぞれ固有の泳動パターンを示した18株は,IRS-PCRにおいて11種に分類されたが,PFGEでバンドパターンの得られなかった34株では3種にしか分類することができなかった。したがって,PFGEでバンドパターンの得られなかったこれらの株が遺伝的に近縁である可能性が示唆された。型別能はIRS-PCR法に比べPFGE法が優れているといえるが,本法により菌株間のバンドパターンの比較が可能で,使用する制限酵素の検討を行うことにより,PFGE法に代わる型別法として応用可能と思われた。
索引語細菌(大腸菌);DNA;PCR;同定
引用文献数21
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat