試料区画に出入りする個体数の経時変化に関するロジスティック曲線の全係数を用いたブリに対する釣餌の誘引効果の評価

試料区画に出入りする個体数の経時変化に関するロジスティック曲線の全係数を用いたブリに対する釣餌の誘引効果の評価

レコードナンバー621603論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名宮崎 泰幸
原田 勝彦
前田 弘
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ48巻・ 4号, p.609-614(2000-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (61KB) 
抄録釣り餌素材の水抽出液をしみ込ませたガーゼのある区画に出入りする累積個体数にロジスティック曲線をあてはめ,求められた曲線の係数の各々が表す意味からブリに対する摂餌誘引効果を多角的に評価した。係数の間には有意とみなせる相関を示す組み合わせが多く,目的とする特性以外にも注意しなければならないことが分かった。また,1つか2つの飼料に関する係数が離れているため相関が有意とみなせなかったが,それを除くと有意とみなせる相関を示す組み合わせも多かった。さらに,その直線関係から離れた素材は特徴的な摂餌誘引特性を持っているので餌選択の指針となることが明かとなった。こうした素材の例として,ベッコウカサガイおよびヘイケガニが挙げられ,これらの素材はブリを長時間かかって多数誘引する特性を有しているため,そのような特性が活かされる漁法には適しているが,短時間に集魚しようとする釣り餌としては必ずしも適切であるとは考えられない。
索引語ブリ;釣り漁;餌料;誘引;効果;評価;試験法;数理モデル
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat