ブドウ‘マスカット・オブ・アレキサンドリア’の果粒,皮及び果肉から発散する香気物質

ブドウ‘マスカット・オブ・アレキサンドリア’の果粒,皮及び果肉から発散する香気物質

レコードナンバー621657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015342NACSIS書誌IDAN00033029
著者名岡本 五郎
伏見 拓也
廖 康
ほか1名
書誌名岡山大學農學部學術報告 = Scientific report of the Faculty of Agriculture, Okayama University
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
岡山大学農学部学術報告
発行元岡山大學農學部
巻号,ページ90号, p.21-25(2001-02)ISSN04740254
全文表示PDFファイル (624KB) 
抄録'マスカット・オブ・アレキサンドリア'の収穫果実について,果粒,果汁,皮,果肉(2mm角に細断)からモンテルペンアルコールをヘッドスペース法によって捕集し,GCで分析した.マスカット香の主成分であるlinaloolとgeraniolなど4種のモノテルペンが分析された。生体重100g,3時間当たりのモノテルペン捕集量は,皮からが最も多く,続いて,果汁,果肉,皮付きの果肉,果粒の順であった.皮からはlinaloolとgeraniolがほぼ同程度に得られたが,果肉や果汁からはlinaloolがはるかに多量に発散した.100gの果粒を構成する各部に含まれる香気成分の分布をみると,linaloolは果汁に最も多く含まれ,geraniolは皮に多く存在した.これらの結果から,剥皮または皮つきでマスカットの果実を食べる場合の,香りの強さと質の相違を検討した.一方,果粒から発散するモノテルペンは,収穫2日後に主要成分の発生量がピークとなり,その後減少して7日後には最低となった.この現象は,果実内に蓄積されたモノテルペンの配糖体が,収穫と同時に分解された結果と推察される.
索引語ブドウ;香り;化学成分;品種;テルペン;果皮
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat