Soybean Trypsin Inhibitorで処置してハッチングを抑制したマウス胚盤胞の収縮運動

Soybean Trypsin Inhibitorで処置してハッチングを抑制したマウス胚盤胞の収縮運動

レコードナンバー630705論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名新村 末雄
若狭 良子
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ18巻・ 1号, p.1-7(2001-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (981KB) 
抄録Soybean trysin inhibitor(STI)で処置してハッチングを抑制した培養マウス胚盤胞について,収縮運動の回数をタイムラプスビデオを用いて観察し,ハッチングに果たす収縮運動の役割を検討した.1.0mg/mlの濃度のSTIを含む培養液で桑実胚から発生させた胚盤胞のハッチング率は17.2%であり,無処置胚盤胞の63.9%に比べて有意に低かった.このようなSTI処置胚盤胞では,強度の収縮回数は無処置胚盤胞と相違なかったが,収縮総回数と弱度の収縮回数(4.22および2.94回)は,無処理胚盤胞の5.80および4.50回に比べて有意に少なかった.また,STI処置胚盤胞が弱度の収縮および弱度の収縮後に再拡張に要した時間は,それぞれ10.2および87.6分であり,無処置胚盤胞の7.8および58.2分に比べて有意に長いことも確かめられた.さらにSTI処置胚盤胞では,トリプシン様プロテイナーゼ活性は無処置胚盤胞のものと相違ないとともに,ハッチングの開始である透明帯での小孔も,無処置胚盤胞と同様に形成されることが確かめられた.一方,透明帯の小孔を拡張して裂け目を形成した胚の割合は,STI処置胚盤胞では37.5%であり,無処置胚盤胞の86.7%に比べて有意に低かった.以上の結果から,弱度の収縮とその後の再拡張は,透明帯に裂け目を作ることによってハッチングに重要な役割を果たしていることが推察された.
索引語マウス;胚盤胞;ダイズ;アミノ酸
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat