卵管環境下で培養されたマウス胚におけるE-カドヘリンの局在

卵管環境下で培養されたマウス胚におけるE-カドヘリンの局在

レコードナンバー630707論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名南 直治郎
今井 裕
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ18巻・ 1号, p.14-19(2001-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1064KB) 
抄録一般にマウス1細胞期胚を体外培養すると2細胞期でその後の発生を停止することが知られているが,卵管組織と共培養すると正常に胚盤胞期にまで発生する.しかしながら,卵管組織と共培養した場合は4細胞期における割球の扁平化が観察され,コンパクション様の形態を示すことが報告されている.そこで本研究では,ノコダゾール処理により発生を同期化した2細胞期胚を卵管環境下あるいはリン酸無添加培地で培養し,4細胞期胚に発生した胚を用いて,コンパクションに関わる物質であるE-カドヘリンの局在について検討した.その結果,卵管環境下で培養した4細胞期胚においてE-カドヘリンが細胞接着面に局在していることが観察され,卵管環境下で発生した4細胞期における割球の扁平化にはE-カドヘリンが関与していることが明らかとなった.
索引語マウス;胚;卵管;培養
引用文献数28
登録日2011年05月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat