標識放流結果からみた若狭湾西部海域産ヒラメの若齢期の分布と移動

標識放流結果からみた若狭湾西部海域産ヒラメの若齢期の分布と移動

レコードナンバー630767論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008121NACSIS書誌IDAN00062209
著者名竹野 功璽
葭矢 護
宮嶋 俊明
書誌名京都府立海洋センター研究報告
別誌名京都府立海洋センター研究報告
発行元京都府立海洋センター
巻号,ページ23号, p.1-6(2001-03)ISSN03865290
全文表示PDFファイル (1116KB) 
外部リンク
抄録若狭湾西部海域で着底したヒラメの若齢期の分布・移動パターンを解明するため,種苗生産されたヒラメ当歳魚4,800尾を,1992年10月に同海域で標識放流した。放流翌年の8月までは,放流点から10km以内の浅海域で多数の標識魚が再捕された。放流翌年の9月以降には,放流点付近での再捕が減少し,一部は放流点から西方へ100km以上離れた場所でも再捕された。これらのことから,若狭湾西部海域で着底したヒラメは,翌年の夏までは成育場付近に分布しており,1歳の秋から冬にかけて沖合方向へ分散し,なかには西方海域へ長距離移動する個体もいることが示唆された。
索引語ヒラメ;標識放流;日本海;分布;移動;京都府
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat