5-アミノレブリン酸(ALA)処理がホウレンソウの光合成速度,過酸化水素の生成,抗酸化物質および活性酸素消去酵素に及ぼす影響

5-アミノレブリン酸(ALA)処理がホウレンソウの光合成速度,過酸化水素の生成,抗酸化物質および活性酸素消去酵素に及ぼす影響

レコードナンバー630927論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名西原 英治
高橋 国昭
中田 昇
ほか2名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ70巻・ 3号, p.346-352(2001-05)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (680KB) 
抄録ポリフィリン生合成の前駆体であるALAの低濃度(0.18mM~1.80mM)茎葉処理がホウレンソウの光合成速度,葉中の過酸化水素量,活性酸素消去に関与する抗酸化物質量および活性酸素消去酵素活性の経時的変化に及ぼす影響について調べた. 1.光合成速度は,ALA処理により処理後3日目までに明らかに増加し,処理後9日目までほぼ同じ値を示した. 2.過酸化水素(H2O2)含量は,ALA処理濃度が高いほど増加を示した. 3.酸化型アスコルビン酸/還元型アスコルビン酸(DHA/ASC)比は一定の傾向が認められなかった.しかし,還元型グルタチオン/酸化型グルタチオン(GSH/GSSG)比はALA処理濃度が高いほど0mM区より大きい値を示した. 4.カタラーゼ(CAT)およびアスコルビン酸ペルオキシダーゼ(APX)活性はALA処理後3日目に一時的に顕著に増加し,グルタチオン還元酵素(GR)活性もALA処理後3日目に増加した.しかし,スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)活性には一定の傾向が認められなかった.
索引語ホウレンソウ;薬剤;光合成;過酸化物;抗酸化物質;活性;酸素;抑制;酵素;カルボン酸
引用文献数29
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat