イチゴ新品種‘さちのか’の香川県への適応性

イチゴ新品種‘さちのか’の香川県への適応性

レコードナンバー630937論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017190NACSIS書誌IDAN00294000
著者名近藤 弘志
小早川 弘文
書誌名香川県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Kagawa Prefecture Agricultural Experiment Station
発行元香川県農業試験場
巻号,ページ54号, p.7-17(2001-03)ISSN03748804
全文表示PDFファイル (4270KB) 
抄録野菜・茶業試験場久留米支場で育成されたイチゴの新品種‘さちのか’の,本県への適応性について調査した。 1.ポット育苗による促成栽培では,‘とよのか’に比べ収穫時期が1週間以上遅れ,早期の収量も少なかった。総収量は同程度であったが,収穫時期の前進化が必要であると考えられた。 2.低温短日処理(夜冷)育苗による促成栽培では,12月初頭からの収穫が可能で,収量も‘とよのか’より多く,適応性が高いと考えられた。 3.夜冷育苗による促成栽培では,‘とよのか’と同様に6月中旬ごろに採苗し,育苗日数を長くした方が収量が多かった。 4.小型の果実の発生を防ぐため,摘果を行うと,総収量は減少するが,大型の果実の収量が増加し,高い効果が認められた。しかし,摘芽の効果は低く,必要性は少ないと考えられた。 5.ピートバッグ栽培では‘女峰’,‘とよのか’より高い収量性を示し,果実の品質も優れ,適応性が高いと考えられた。 6.小型成型苗の利用において,挿し芽による採苗では鉢受けに比べ収量が低く,‘女峰’と同様の方法では適応性が低いと考えられた。
索引語イチゴ;品種;適応;特性;香川県
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat