αs1-カゼインのカテプシンD分解物のトリクロロ酢酸沈殿におよぼす溶媒の影響

αs1-カゼインのカテプシンD分解物のトリクロロ酢酸沈殿におよぼす溶媒の影響

レコードナンバー631143論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名五十嵐 康雄
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.17-23(2001-03)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (1140KB) 
抄録脱脂乳より既報の沈殿分画法によってαs1-カゼインを分離し,その分離の過程を尿素を含むポリアクリルアミドゲル電気泳動(Urea-PAGE)によって調べた。このαs1-カゼインを0.1Mリン酸緩衝液(pH6.0)中,37℃でカテプシンDによって加水分解した。Urea-PAGEによれば,この反応によって多数の分解物が観察されたが,これらの成分は未分解のαs1-カゼインと同様にトリクロロ酢酸(TCA)を2%加えることによりほとんど沈殿した。この時,尿素を加えることによって分解産物は部分的に上澄み中に遊離するのが認められた。2%TCA-3.3M尿素を沈殿系に用い,さらにエチレンジアミン四酢酸(EDTA)を40mMまで加えた時,沈殿の形成がやや促進された。2%TCA-3.3M尿素系に0.1%トリトンX-100を共存させた時,分解物の上澄みへの移行が顕著であったが,未分解のαs1-カゼインも同様に上澄みに移行した。この沈殿系にさらにEDTAを40mMまで加えた時,上澄みへの移行がさらに促進された。こられの結果からαs1-カゼインの酵素分解物の分画を行なう際には,未分解のαs1-カゼインも含めてペプチド間の疎水相互作用に対する配慮が必要であると思われた。
索引語牛乳;カゼイン;酵素(プロテアーゼ);溶媒;ペプチド
引用文献数17
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat