上越国境平ヶ岳湿原乾燥化の一因としての積雪深経年変動

上越国境平ヶ岳湿原乾燥化の一因としての積雪深経年変動

レコードナンバー631263論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005628NACSIS書誌IDAN00142658
著者名安田 正次
沖津 進
書誌名千葉大学園芸学部学術報告
発行元千葉大学園芸学部
巻号,ページ55号, p.43-47(2001-03)ISSN00693227
全文表示PDFファイル (709KB) 
抄録群馬・新潟県境に位置する平ヶ岳湿原が乾燥化していることが近年報告されている。その原因を探るため、現地に近い十日町・水上・片品の3地点の積雪深の経年変動を比較検討した。その結果、1970年代後半から片品の積雪深が減少していることが明らかになった。冬季の季節風の向きから、平ヶ岳は片品の風上にあり、積雪状況が片品と連動していると考えられるので、平ヶ岳も片品と同様に積雪深が減少していると推測された。一方、片品の積雪深の減少と同じ時期から水上の積雪深の増加が認められた。積雪深の減少の原因は、降雪をもたらす雪雲が水上方面に偏在したために、片品方面で降雪が少なくなったためと解釈された。この降雪量の減少が原因となり、平ヶ岳の湿原の乾燥化が起こっていると考えられた。
索引語湿原;乾燥;積雪;変動;新潟県;群馬県
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat