コムギの発芽時と幼植物における耐塩性の遺伝資源の検索

コムギの発芽時と幼植物における耐塩性の遺伝資源の検索

レコードナンバー631352論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名間野 吉郎
武田 和義
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ70巻・ 2号, p.215-220(2001-06)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (669KB) 
外部リンク
抄録世界各地のコムギ約1,300品種について発芽時と幼植物における耐塩性の品種変異とその地理的分布を調査した。コムギの耐塩性には明瞭な品種変異が存在し、いくつかの高度耐塩性品種が見出された。地域別に比較すると、朝鮮半島の品種は発芽時と幼植物のいずれのステージにおいても耐塩性の強い品種の割合が高かった。Dゲノムを持たないT.durum(AABB)をはじめとするコムギ属7種の発芽時と幼植物における耐塩性は普通系コムギのT.aestivum(AABBDD)よりも弱く、耐塩性に関連する遺伝子の一部がDゲノムに含まれている可能性が示唆された。コムギの発芽時の耐塩性と幼植物の耐塩性はオオムギと同様に無相関であり、両者は異なるメカニズムによるものと見られた。
索引語コムギ;耐塩性;遺伝資源;検索;発芽;幼植物体
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat