木曽赤カブに関する研究

木曽赤カブに関する研究

レコードナンバー631845論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002320NACSIS書誌IDAN00330024
著者名桑原 秀明
大澤 克己
栗林 剛
ほか2名
書誌名長野県食品工業試験場研究報告 = [Research] report of the Nagano State Laboratory of Food Technology
別誌名Research report of Food Technology Research Institute of Nagano Prefecture
発行元長野県食品工業試験場
巻号,ページ28号, p.24-27(2000-10)ISSN0286102X
全文表示PDFファイル (486KB) 
抄録開田村で栽培された木曽地方特産の赤カブの成分と色調保持について若干の検討を行った。 1.赤カブの一般成分は、食品成分表のカブに比べ、水分がやや低く、たんぱく質、糖質、粗繊維がやや高い傾向を示した。 2.開田カブ、王滝カブおよび温海カブは紫色~暗紫色であったが、飛騨カブは暗橙赤色であった。色素抽出液の吸光スペクトルから、開田カブ、王滝カブおよび温海カブの色素はシアニジン系、また飛騨カブの色素はペラルゴニジン系と考えられた。 3.開田カブ赤色色素の光退色に対するpH4.5~pH3.0でのpHの影響を調べた結果、pH3.5以下で比較的良好に保持された。また、70℃30分間の加熱は、彩度をやや低下させるが、退色に対して大きな影響はなかった。 4.包装材質による赤色保持効果を調べたところ、OPP20/エバール12/LDPE40が強い保持効果を示し、pH3.5の場合、3ケ月以上の赤色保持が可能であった。
索引語カブ;化学成分;色
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat