携帯用スペクトロメータを用いたイタリアンライグラス草地の生育条件の把握

携帯用スペクトロメータを用いたイタリアンライグラス草地の生育条件の把握

レコードナンバー632179論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名板野 志郎
秋山 侃
渡辺 也恭
ほか2名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ47巻・ 3号, p.237-244(2001-08)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (830KB) 
抄録草地の状態を分光特性により把握する試験を行った。5つの異なる植生条件下のイタリアンライグラス草地において、携帯用スペクトロメータを用い102点から151点の分光反射率を測定した。測定された分光反射率を次の3つの方法を用いて解析した。1)赤-近赤外域の分光特性の関係の視覚化、2)草量の頻度分布推定とガンマ分布の適用、3)植被率の頻度分布推定。赤-近赤外域の分光反射率の関係は、草地における植生状況の粗密もしくは裸地化の程度を示す簡易指標となった。草量と植被率の頻度分布の解析は、生育段階や草地条件に伴う植生の分布様式の違いを示した。草量分布は、ガンマ分布を適用することで、より正確に客観的かつ量的に捉えることができた。以上の結果は、草地における複数の特徴を、携帯用スペクトロメータで測定された分光データを用いることで、短時間内に把握できることを示した。
索引語草地;イタリアンライグラス;生育;植生;分光;測定
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat