褐色中肋および無白粉形茎遺伝子がソルガムの紋枯病抵抗性に及ぼす影響

褐色中肋および無白粉形茎遺伝子がソルガムの紋枯病抵抗性に及ぼす影響

レコードナンバー632182論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名春日 重光
井上 直人
海内 裕和
ほか1名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ47巻・ 3号, p.256-261(2001-08)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (532KB) 
抄録高消化性遺伝子である褐色中肋遺伝子(bmr-18)および無白粉形茎遺伝子(bm)がソルガム紋枯病(Rhizoctonia solani Kuhn)の圃場抵抗性に及ぼす影響を明らかにするため、これら2つの高消化性遺伝子に関するホモ接合体である自殖系統F6-3A-5を種子親に、これらの遺伝子を持たない自殖系統を花粉親にした組み合わせであるF6-3A-5×74LH3213のF2集団を用い、表現型別の紋枯病抵抗性を比較した。供試個体は表現型により、高消化性遺伝子の発現なし(N)、褐色中肋のみ発現(bmr-18)、無白粉形茎のみ発現(bm)、褐色中肋と無白粉形茎の両方を発現(bmr-18+bm)の4タイプに分類された。葉鞘高と出穂期は抵抗性の判定結果に影響する形質であるが、4タイプの間で顕著な差は無かった。bmの病斑高率と病斑高はNおよびbmr-18よりも低く、紋枯病抵抗性の改良効果があることが推察された。また、bmr-18とNでは、病斑高率と病斑高の間には有意な差はなかった。これらのことから、bmおよびbmr-18遺伝子の利用によって紋枯病抵抗性を持つ高消化性品種の育成が可能と考えられた。
索引語ソルガム;遺伝子;紋枯病;抵抗性
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat