草地型酪農地域の酪農家における土地利用方法と土地からの牛乳生産の関係

草地型酪農地域の酪農家における土地利用方法と土地からの牛乳生産の関係

レコードナンバー640146論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名八代田 真人
藤芳 雅人
中辻 浩喜
ほか2名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ47巻・ 4号, p.399-404(2001-10)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (620KB) 
抄録草地型酪農地域における酪農家を土地面積と利用形態、飼養頭数と牛群構成、購入飼料給与量の点から分類し、これらの分類と牛乳生産の関連を検討した。北海道東部浜中町の酪農家のうち32戸を調査対象として選定し、解析を行った。 酪農家は土地面積と利用形態の点から、「小面積・放牧利用型」、「小面積・採草利用型」、「大面積・専用利用型」、「大面積・兼用利用型」の4タイプに分類された。飼養頭数と牛群構成の点からは「少頭数型」、「多頭数型」、「経産多頭型」、「未経産・育成多頭型」の4タイプに分類された。分類の結果、比較的放牧への依存度が大きいと考えられる「小面積・放牧利用型」および「大面積・兼用利用型」の農家は、「小面積・採草利用型」の農家に比べ、購入飼料の給与量が多いか同程度であるにも関わらず、個体乳量は少ない傾向にあった。また自給粗飼料由来である単位土地面積当たりの牛乳生産量も採草への依存度が大きい農家に比べ放牧への依存度が比較的高い農家では少なく、これらの結果は、現状として、放牧への依存度が比鮫的高い農家では、自給粗飼料の利用、とくに放牧管理に問題点があることを示唆している。
索引語草地;酪農;土地;牛乳;利用;生産
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat