脂肪酸カルシウムを給与した経産牛での過剰排卵時における血中リノール酸値と採胚数の関係

脂肪酸カルシウムを給与した経産牛での過剰排卵時における血中リノール酸値と採胚数の関係

レコードナンバー640342論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021130NACSIS書誌IDAN00334182
著者名宮地 利江
横田 昌己
近藤 守人
書誌名福井県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukui Experiment Station of Domestic Animal Industry
発行元[出版者不明]
巻号,ページ15号, p.32-39(2002)ISSN03893537
全文表示PDFファイル (732KB) 
抄録過剰排卵処置時の採胚数の向上を目的として黒毛和種、褐毛和種経産牛のべ168頭の過剰排卵処置時に脂肪酸カルシウム(以下脂肪酸Ca)を給与し、回収胚数、回収胚数中の正常胚数に与える影響を検討した。脂肪酸Ca給与期間は過剰排卵処置開始前の発情日から採胚日までの21~22日間(試験A、B、C)および発情日より21日前から採胚日までの41~42日間(試験D)とした。脂肪酸給与量は試験Aではメガラックを100g/day、BではバイパスメイトLを100g/day、CではバイパスメイトLを200g/day、DではバイパスメイトLを100g/dayとした。なお、総ての試験で酢酸トコフェロール500mg/dayを併用給与した。脂肪酸Ca給与により血中リノール酸濃度は上昇したが、給与量に比例した上昇は認められなかった。回収胚数および正常胚数は試験区と対照区間で有意差は得られなかった。しかし、試験Dにおいては試験区での回収胚数の増加する傾向がみられた。
索引語乳牛;脂肪酸;カルシウム;飼料添加剤;過剰排卵;血液;胚
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat