振動吸収性木質ボードの開発

振動吸収性木質ボードの開発

レコードナンバー640476論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005715NACSIS書誌IDAN00386754
著者名海老原 徹
書誌名農林水産技術研究ジャーナル
別誌名Research journal of food and agriculture
研究ジャーナル
発行元農林水産技術情報協会
巻号,ページ24巻・ 11号, p.9-13(2001-11)ISSN03879240
全文表示PDFファイル (379KB) 
抄録木質材料を高機能化するためには、付加したい機能を持った他材料を複合化することが一つの方法である。 本研究では、残廃材や低質材などからできる木材チップとボリ塩化ビニルを基材とした振動吸収材を複合して、振動吸収性パーティクルボードを開発した。一般的な木材と比較して、開発した振動吸収性ボードの振動吸収性能は一桁向上し、木質材料としては非常に高い水準にあり、住宅、家具、家電製品などの部材として振動を抑えたい部位に用いることができる。
索引語ボード;木材;振動;吸収;パーティクルボード;開発
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat