有機溶媒処理による木材成分の分離技術

有機溶媒処理による木材成分の分離技術

レコードナンバー640480論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005715NACSIS書誌IDAN00386754
著者名島田 謹爾
書誌名農林水産技術研究ジャーナル
別誌名Research journal of food and agriculture
研究ジャーナル
発行元農林水産技術情報協会
巻号,ページ24巻・ 11号, p.32-36(2001-11)ISSN03879240
全文表示PDFファイル (437KB) 
抄録木質バイオマス資源の高度利用をはかるため、有機溶媒処理による木材成分の効率的分離技術として、プロピオン酸による常圧下での連続抽出法を検討した。その結果、成分分離の難しい針葉樹材に対し、優れた脱リグニン効果が認められ、分離された成分の新規な特色を明らかにした。また、本処理がなぜ脱リグニン効率が優れているのかを究明するとともに、分離成分の特性を利用した新しい成分総合利用のための分離法としての意義について考察した。
索引語木材;成分;溶媒;分離;技術;セルロース;リグニン
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat