1-アリールメチル-2-アリールイミダゾリジンの合成と殺ダニ活性

1-アリールメチル-2-アリールイミダゾリジンの合成と殺ダニ活性

レコードナンバー640609論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名利部 伸三
酒向 美紗
岩屋 和子
ほか1名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ26巻・ 4号, p.393-398(2001-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (471KB) 
外部リンク
抄録新規の1-アリールメチル-2-アリールイミダゾリジンを2種の方法、即ち、2-アリールイミダゾリジンの1-位の窒素原子へのハロゲン化アリールメチルの塩基存在のもとでの求電子置換反応あるいはN-アリールメチルエチレンジアミンとベンズイミデ-トとのイミダゾリジン環化反応によって合成した。生成物の構造はNMR、MSやIRスペクトルなどで確認した。MSスペクトルでは2-置換イミダゾリジン構造に特徴的な解裂パタンか見られた。殺ダニ活性はアリールメチルに関してはパラ位のクロロ、t-ブチル、フエニル置換体、2-アリールに関してはオルト位のジフルオ口体に見られ、その中で、l-(P-クロロベンジル)-2-フエニルイミダゾリジンと1-ペンシル-2-(2,6-ジフルオ口フェニル)イミダゾリジンに50ppmで強い活性が見られた。1位の(クロル置換)ピリジルメチルや2位のピリジン誘導体は弱い活性しか示さなかった。
索引語殺ダニ剤;合成;作用特性;イミダゾール化合物;ハダニ科
引用文献数7
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat