ブタ卵子第2減数分裂中期への減数分裂進行時において卵子卵丘細胞間のギャップジャンクションの閉鎖により卵子内cAMP量は低下する

ブタ卵子第2減数分裂中期への減数分裂進行時において卵子卵丘細胞間のギャップジャンクションの閉鎖により卵子内cAMP量は低下する

レコードナンバー640753論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名島田 昌之
寺田 隆登
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ18巻・ 3号, p.99-105(2001-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (679KB) 
抄録哺乳動物の卵子は多層の卵丘細胞に覆われている。卵丘細胞と卵子間のギヤップジャンクションが閉鎖すると卵子は第2減数分裂中期へと減数分裂を進行する。このギヤップジャンクションの閉鎖にはギヤップジャンクション構成因子であるConnexin-43のリン酸化が関与している。そこで本研究では、卵丘細胞のConnexin-43のリン酸化の卵子のcAMP量、MAPkinase活性、核相の進行に対する影響について検討した。24時間培養したCOCsにおける卵丘細胞のConnexin-43は脱リン酸型が多く存在したが、培養32時間以降の卵丘細胞ではリン酸型のバンドが著しく濃くなった。次に、24時間培養したCOCsをP13-kinase抑制剤(LY294002)あるいはPKC抑制剤(Calphostin C)を添加した培地でさらに24時間培養し、Connexin-43のリン酸化を抑制した。その結果、これらの卵子はcAMP量の有意な増加とMAP kinase活性の著しい低下、第一減数分裂中期での減数分裂停止が観察された。以上の結果から、ブタ卵子の第一減数分裂中期以降への減数分裂進行時において、卵丘細胞卵子間のギャップ結合が閉鎖すると卵丘細胞から卵子へ移行するcAMP量が減少し、卵子内のcAMP量が低下する結果、MAP kinaseが活性化し第2減数分裂中期へと減数分裂が進行することが推察された。
索引語ブタ;卵子;細胞分裂;ヌクレオチド;培養
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat