北部日本海北海道西岸沖に生息するスケトウダラ成魚の夏季・冬季における食性

北部日本海北海道西岸沖に生息するスケトウダラ成魚の夏季・冬季における食性

レコードナンバー640813論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
著者名小岡 孝治
和田 昭彦
石田 良太郎
武藤 卓志
安部 幸樹
三宅 博哉
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ60号, p.25-27(2001-10)ISSN09146830
全文表示PDFファイル (221KB) 
抄録夏季および冬季に北海道西岸沖で採集したスケトウダラ成魚の胃内容物を調べた。夏季、冬季ともに浮遊性端脚類Themisto japonicaが湿重量組成で胃内容物の大部分を占めていた(それぞれ84.8%、89.9%)。スケトウダラの摂餌活動は夏季に最も活発であると思われる。以上より、日本海亜寒帯水域においてスケトウダラと端脚類T.japonicaは捕食一被食関係を通した食物網の構成要素として重要な役割を果している可能性が示唆された。
索引語スケトウダラ;北海道;日本海;成体;食性;夏;冬
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat