ソラマメウイルトウイルスによるエキザカムの萎縮病(新称)

ソラマメウイルトウイルスによるエキザカムの萎縮病(新称)

レコードナンバー640847論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名夏秋 啓子
栗原 潤
都丸 敬一
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ46巻・ 2号, p.79-83(2001-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (1324KB) 
抄録1989年、神奈川県でエキザカム(Exacum affine)に激しい萎縮と葉巻き症状が発生した。C. amaranticolorあるいはC. quinoaに接種して得たウィルスにより宿主を調べたところ、9科21種に感染し、エキザカムでは萎縮症状が再現され、C. amaranticolorやC. quinoaでは接種葉に灰白色斑点を生じた後に全身感染し、ソラマメでは頂葉の枯死が観察された他、各種のタバコ類にも感染した。電子顕微鏡観察では直径約27nmの小球型ウイルス粒子が観察された。また、モモアカアブラムシ(Myzus Persicae)で非永続的に伝搬された。粗汁液中の安定性は、耐熱性が60-65℃(10分)、耐保存性が4日であった。ウイルス粒子はソラマメウイルトウイルス(BBWV)に対する抗血清を用いた免疫電子顕微鏡法で捕捉・修飾され、パチョリ微斑モザイクウイルス(PaMMV)に対する抗血清を用いたELISA法でも検出された。ウェスタンブロット法では2種のウイルス外被タンパク質が検出され、その分子量は約42,000と約26,000であった。本ウイルスを部分純化したところその収量は感染C. quinoa葉50gあたり3.6mgであった。部分純化標品をウサギに免疫し、抗血清の作製を行ったところ、ELISA法やウェスタンプロット法に利用可能であった。以上より、本ウイルスをBBWVの1系統と同定し、BBWVによるエキザカムの病害は未報告のため、病名を萎縮病、英名をdwarfとすることを提案した。
索引語ウイルス;リンドウ科;草花;萎縮病
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat