春播コムギの根雪前播種栽培における越冬性の低下要因と改善

春播コムギの根雪前播種栽培における越冬性の低下要因と改善

レコードナンバー640975論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名湯川 智行
大下 泰生
粟崎 弘利
ほか1名
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ70巻・ 4号, p.568-574(2001-12)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1489KB) 
外部リンク
抄録北海道の多雪地帯で試行されている春播コムギを根雪前に播種する栽培法において、越冬性が低下する要因と改善するための方法について検討した。発芽個体数は、播種後積雪下で30日目頃から増大し、その後、種子根および鞘葉が徐々に伸長した。根雪後40日目頃までに発芽しうる種子はほぼ発芽したが、そのうち越冬して起生できた個体数は大きく減少した。途中、雪腐黒色小粒菌核病の発生が観察され、発芽以後の越冬性の低下に関与するものと推定された。積雪下での発芽率を高めようと20℃や2℃で催芽した種子を播種したが、越冬性は改善されなかった。また、発芽率の低い種子を用いた時の越冬性は劣らないが、単位面積あたりの越冬個体数、穂数の減少を招き、子実収量は減少した。これらより、越冬性の低下要因は発芽過程にはなく、発芽後の障害が原因と考えられた。越冬性の改善について、粒径が2.2mm以上の大きい種子を用いた時には越冬性が高くなり、消雪後の生育や子実収量も高まることが明らかとなった。種子の大きさは積雪下での養分の消費と生長、特に起生時の生育に関係するものと推察された。
索引語春;コムギ;播種期;積雪;越冬;種子;養分;雪腐病;発芽
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat