マレーシアのサトウキビ・イネの植物体に見いだされた糸状菌群集の多様性解析

マレーシアのサトウキビ・イネの植物体に見いだされた糸状菌群集の多様性解析

レコードナンバー641212論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名青木 孝之
Salleh B.B.
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ55巻・ 2号, p.81-91(2001-10)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (877KB) 
抄録1995年~1999年にサトウキビ及びイネ植物体上の糸状菌群集の多様性をマレーシアで調査した。1995、1996年はマレーシア半島3地点でサトウキビ葉身を採取し、その加齢段階に沿った糸状菌類の出現・変遷と採取地点間、採取時期(乾期・雨期)間の比較を行った。1997、1998年は対象をイネに変え、半島北部における開花期及び収穫期植物体上における糸状菌群集の比較を行った。サトウキビ葉身では、各試料共に各加齢段階における出現菌種の組合せは連続的に変化し、同一地点間では出現種数は乾期より雨期の試料で多かった。イネ植物体上では草丈の上下方向に沿い出現菌種の組合せが連続的に変化し、菌種の垂直分布に差を示した。植物病原菌や熱帯系糸状菌種が多数含まれ、宿主作物への潜在的感染状況を把握した。サトウキビ上の糸状菌群集について、生態理論に基づき多様性解析を試みた。geometricモデルでは調査の実測値と理論値の間に乖離があったが、葉身上の糸状菌群集が少数の高頻度出現菌種と多数の低頻度出現菌種からなることを示した。log-normalモデルでは実測値は理論値と良く対応し、各調査地点の糸状菌群集につき存在種数の推計を行ったところ、実測値よりやや大きい数字となった。
索引語マレーシア;サトウキビ;イネ;植物体;微生物相;糸状菌;群集;多様化
引用文献数34
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat