L-グルタミン酸オキシダーゼを用いたグルタミン酸センサーの開発及びGOT/GPTセンシングへの応用

L-グルタミン酸オキシダーゼを用いたグルタミン酸センサーの開発及びGOT/GPTセンシングへの応用

レコードナンバー641657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015342NACSIS書誌IDAN00033029
著者名有馬 二朗
田村 隆
篠原 寛明
ほか3名
書誌名岡山大學農學部學術報告 = Scientific report of the Faculty of Agriculture, Okayama University
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
岡山大学農学部学術報告
発行元岡山大學農學部
巻号,ページ91号, p.15-22(2002-02)ISSN04740254
全文表示PDFファイル (1012KB) 
抄録L-グルタミン酸オキシダーゼ前駆体をトリプシン分解することで、成熟酵素と同程度の基質親和性を持つ酵素を得た。この酵素はL-グルタミン酸を確実に定量することを可能とし、また、GOT/GPTアッセイにおいてもその可能性を示した。しかし酸素電極による固定化酵素の評価では、基質親和性の低下が見られ、L-Gluが高濃度でないと測定不可能であることが示唆された。そこで市販されているグルコースセンサーにならい、クロノアンペロメトリー法によるL-Gluの検出に試みた。電子受容体の検討において、フェロセン化合物及びフェリシアンで反応が行われることから、フェリシアンを電子受容体として用いたL-グルタミン酸の検量線を作製した。その結果、グルコースセンサーと同程度の検量線が得られたことから、L-グルタミン酸センサーに利用できることが示され、また処方最適化の検討及び電子受容体の変換によるGOT/GPTセンサーへの応用にも、その可能性が見いだされた。
索引語グルタミン酸;酵素(酸化還元酵素);センサー;酵素(アミノトランスフェラーゼ)
引用文献数10
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat