1H-2,3-Benzoxazine誘導体の合成と除草活性

1H-2,3-Benzoxazine誘導体の合成と除草活性

レコードナンバー641808論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名甲斐 浩幸
冨田 実
中井 徹
ほか3名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 1号, p.53-58(2002-02)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (580KB) 
外部リンク
抄録種々の1H-2,3-ペンゾオキサジン誘導体を合成し、畑地雑草に対する除草活性と作物への選択性を評価した。その結果、ベンゾオキサジン環の4位に3-クロロ-4-フルオロフェニル基または3-ブロモー4-フルオロフェニル基が置換した場合、高い除草活性を示した。ベンゾオキサジン誘導体を処理した雑草は、強い白化症状を呈した。合成した誘導体の中で、4-(3-クロロ-4-フルオロフェニル)-1H-2,3-ベンゾオキサジン(23)および4-(3-ブロモ-4-フルオロフェニル)-6-フルオロ-1H-2,3-ベンゾオキサジン(34)は、1.0kga.i./haの土壌処理においてイヌビエおよびメヒシバに対して高い除草活性を有するとともにダイズに選択性を示した。
索引語除草剤;複素環式化合物;合成;作用特性;化学構造;選択性
引用文献数13
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat